行政

行政サービスのメリットとデメリット

行政では、補助金や助成金を支給したり宿泊施設が割引料金で利用できるなど様々なサービスを提供しています。

しかし一般的な行政サービスは、わかりにくく非常に難しいといったイメージです。

慣れないと、役所のサイトを見てもどこに何が書いているのかわからず、また書いてある文章は難解です。

なかには知識がないと意味が全くわからない書き方をしているサイトもあり、サイトを初めて見たときは完璧に理解できないでしょう。

かといって利用できるかどうかわからないサービスのために、役所まで直接行くのは面倒です。

基本的に役所の窓口は平日のみなので、仕事や家事・子育てで忙しいと直接行く時間を作るのは簡単ではありません。

また行政サービスはわかりにくいことと同時に、適用条件が狭いのも難点です。

高齢者や子育て世帯に向けた行政サービスばかりのイメージがあり、単身者は若年層は無関係と考えてしまいます。

 

このような考え方があるのも、行政サービスを身近に感じられない理由と言えるでしょう。

 

しかし行政サービスは高齢者や子育て世帯だけではなく、単身者や若年層が利用できるものも数多くあります。

具体的には宿泊料金の割引だったり、資格取得のための講座も開設中です。

資格取得のために公民館などで開催されている講座は、一般的な専門学校や通信講座に比べると料金は大幅に安いです。

スキルアップに役立つ資格をお得に取得できるので、行政サービスを活用して学ぶことも考えてみるべきでしょう。

他にも余暇を充実させるイベントや体験教室なども開かれており、年齢に関係なく申し込みはできます。

もちろん身近な行政サービスだけではなく、補助金や助成金も利用したい制度の一つです。

例えば自宅のバリアフリーをするリフォームには、行政が補助金を支給し経済的な負担を軽くしてくれます。

事業者向けの助成金制度も様々なものが用意されているので、資金調達のときには必ずチェックしなければいけません。

 

このように役所では、様々なサービスを提供し住民をサポートしています。

サポートを受けられるのに利用したり申請したりしないと、自身の負担は重くなるばかりです。

リフォームや資格取得などの経済的な負担を軽くしたり余暇を楽しむためにも、まずは情報収集が大切です。

 

役所の公式サイトやまとめたサイトを使って情報を収集すれば、難解なイメージのある行政サービスが身近に感じられるようになり、利用するシーンも広がっていくでしょう。

-行政

© 2020 Ralahop(ララホップ)