地域活動

地域のスポーツ・運動指導

健康を維持するためには運動が大事になります。

現代では、交通の便が良いため昔のようにあまり歩かない人が増えてきたわけですが、そうするとさまざまな病気になってしまう可能性があるわけです。

実際に人間は楽な方に流れて行く傾向がありますので自転車があれば自転車を使いますが、原付バイクがあればバイクに乗るでしょう。

バイクでも、雨が降っている時には不便になりますので、そのような場合には電車を使います。

歩いてわずか5分で行けるコンビニエンスストアでも歩いて行こうとはせずに乗り物に乗って行くようになるでしょう。

同じような事例は数がたくさんありますが、わざわざ大変なことをせずに楽をすることが可能と分かればそちらのほうに流されてしまうことになります。

このように考えられるならば、可能な限り運動をする機会を作っておく必要があるわけです。

病気になってしまった場合には医療費が大変になります。

基本的には国の負担割合は7割ですが、病気になってしまった人ばかりが増えてしまった場合には医療費の負担がまた増えてしまい5割負担ぐらいまでになる可能性があります。

その場合には、せっかく稼いだお金も医療費に消えていってしまいなんのために働いているかわからなくなる可能性も否定できません。

そこで、スポーツなどを取り入れ施設などに行き体を動かしておくことが大事になります。

地域のスポーツとして、さまざまな援助がされていますので、市町村のスポーツセンターで開催されているものならば指導者がおり無料で利用することができます。

もちろん、市町村には指導者がいないようなところもありますので必ずしも指導者からトレーニングを指導を受けられるわけではありません。

ですが、民間のトレーニングジムを使う場合に比べるとほとんどお金をかけずに利用できる点はかなりのメリットと言えるでしょう。

ただし、市町村の場合は機械などは新しいものではなく昔から利用しているものになりますのであまり過度な期待はしないようにしましょう。

トレーニングジムに行かなくても、有酸素運動ならばウォーキングなどをすることで十分に実現させることを可能です。

ウォーキングをする場合には、その人の体質によっても異なりますが、およそ20分から40分ぐらいいちどに運動すると良いです。

それぐらい運動したほうが、たくさんのエネルギーを使うことになり脂肪等が減少してきます。

市町村ではそのような指導をしてくれる担当者もいますのでいちど聞いてみるとよいです。

-地域活動

© 2020 Ralahop(ララホップ)