地域活動

地域の自然保護活動

地域の自然保護活動は、行政を中心に企業が取り組んでいる活動のことで、社会貢献を通じながら緑化の実現を目指すものです。

企業活動や市民生活は、健全な自然環境があってこそ実現するものですから、自然の重要性に目を向けて保護に取り組むのは良いことだといえます。

また、社員の自然保護意識の向上であったり、地域の人達と交流ができる切っ掛けにもなるので、一石二鳥以上のメリットがあると考えられます。

具体的な活動内容としては、樹木の植樹や水辺の清掃活動などで、大人だけでなく子供も参加するのが特徴です。

加えて、環境を整える積極的な活動に限らず、自然を観察して現状を理解したり将来像を思い描く、そういった取り組みも行われています。

行政には、持続可能な社会の将来を設計したり、具体的な取り組みを推進する責任や義務があります。

一方の企業では、社会の方針に基づいて自然保護活動を行う実施や、結果を求めて継続する役割が存在します。

いずれかの一方でも欠けてしまうと、豊かな自然環境は損なわれてしまい、次の世代に残して渡す環境の質低下が発生します。

緑の減少は、自然破壊で発生する顕著な現象で、放置を行なえば当然ながら自然環境が崩れて生態系も乱れるでしょう。

これは特定の生物の絶滅を招いたり、人の生活にも関わってくる問題ですから、樹木を始めとした緑の維持は重要です。

自然保護活動で緑化に取り組むケースでは、参加者の一人ひとりが地道に植樹をすることで、自然環境における緑の割合を増やしています。

行政が緑化に力を入れたり推進するとしても、最終的にはやはり人の手が必要となってくるので、こういった部分で市民の団結力や市民力が発揮されることになります。

企業はいわば先陣を切って走るペースランナーのようなもので、多くの市民を巻き込んで自然保護の重要性を訴え掛けたり、緑化に取り組むサポート役となるわけです。

日本は海に囲まれる水や緑が豊かな国ですから、ついついそれらを当たり前と考えてしまい、重要性が忘れがちになるものです。

しかし、行政の呼び掛けや緑化の機会が増えて行けば、自然環境に目を向けるチャンスも増加して重要性が再確認できるはずです。

より大切なのは知った後に起こす行動ですが、切っ掛けがなければ始まりませんから、積極的かつ継続的な情報提供の意味は大きいです。

人は、限りある自然の資産を消費して生活しているので、行政が提供する情報に目を通したり、できることを始めて自然保護に努める必要があるでしょう。

-地域活動

© 2020 Ralahop(ララホップ)