地域活動

地域の防災対策について

大地震や洪水、台風などの被害で不便な生活を強いられることがあります。そうした場合、行政の防災対策のもとで生活支援や救助活動などが行われますが、防災対策というのは地域でも何らかの手段を講じられることもあるのです。

行政頼りになるだけでなく、「私達にもできること」があることを理解し、一人ひとりが積極的に防災のことを考えていくことが大切です。

では地域ではどのようなことをやっていけるのか、手近なのは近所住人との助け合いと言えます。

例えば、隣の家が災害に見舞われた場合には生活のほう助をしたり、お年寄り世帯に声がけをして無事を確認するなど、些細な行動だろうと助け合いの輪が広がることで、行政の手が入りにくい場所でも安全安心を確保していくことができます。

ただ、普段からのご近所付き合いがないとこうしたアクションを起こしにくくなってしまいます。日頃から周りとのコミュニケーションを図っておくことが、いざという時の手助けにもなりますので、万一の事態に向けた暮らしを心掛ける姿勢も求められると言えるでしょう。

避難勧告の周知を徹底させていくことも防災対策のひとつです。

例えば、土砂崩れによって住宅が埋もれるという出来事が起こることもあります。

こうした危険性のある状況に置かれそうな場合、自治体でも注意喚起がされることもあるものの、しかしながらその情報をキャッチできないケースもあるのです。

お年寄りなどですと注意喚起がなされていることを知らなかったり、リスクへの対策が上手くできなかったりすることもあります。

そのような場合は地域で働きかけ、非難を促すなどの行動で救われる命もあるはずです。

行動のひとつを怠ることで、防げたはずの事故も防げなくなってしまう可能性もありますので、非常時には積極的になる姿勢が必要不可欠です。

地域で行える防災対策において、できることはさほど多くないのが実際のところかもしれません。

しかし全く何もできないわけではないのです。

そしてやれることをやることで助かる人たちもいます。

実際、災害時には地域の手助けで命が救われたり、大惨事を免れたりしたケースもあります。

アクションを起こすことで守られる未来があるのならば、積極的に行動する意義は大きいと言えるでしょう。

そのためには普段から防災意識を高く持つことが必要不可欠です。

もしもの際にはどのように行動していくべきなのか、まずは一人ひとりが真剣に考えていくことが大切です。

-地域活動

© 2020 Ralahop(ララホップ)