地域活動

地域の障害者支援活動

事故で障害者となってしまう方も多く、また生まれつきの場合や後に発生してしまう方も多くおられます。

一般的には身体の障害と精神の障害に分けることができます。

障害者支援活動については古くからの行政の課題とされてきた背景があり、今現在実施されている支援活動も多数存在しています。

前提として国内では障害者手帳を所有している方を対象にしていることになり、身体系の場合では人によっては永久認定されていたり、精神の場合では更新手続きを必要としていることも基本です。

1級と2級3級の3つに区分されていて、最も重い症状の方は1級になり、中程度の方であれば3級という仕組みです。

障害者支援の内容では、この等級や症状によって違いというものもあり、まずは障害者手帳で身体1級の方の事例では高速道路の利用が無料であったり、医療費の控除を受けることができる場合があります。

2級以下の方でも公共のテレビ放送を視聴する際には、通常では月額費が必要になりますが、無料で契約することもできます。

他にも自動車税の負担を軽減できる内容や、携帯電話の料金を安くできるプランに加入できるというケースもあります。

障害者支援活動は行政の課題になりますが、各都道府県や地方公共団体、民間の企業によっても違いというものが出てきます。

例えば障害者手帳を持っていることで、無料で使える施設は沢山見つけることができます。

多くのケースで民間ではなく都道府県などが関わっている施設が対象とされており、美術館や水族館、動物園や有料の公園などでも入場料を無料にしている支援内容も充実しています。

このような施設利用の場合、本人と付添いの方1名を含んだ合計2名まで無料にしている施設も非常に多いので、負担のかからない支援内容として把握できます。

同じような支援は地域の民間企業でも適用している場合もあり、具体的には映画館の利用を割引きできる支援や、様々なパーク関連でも割引き料金にて利用できるように協力している企業も沢山あります。

また、近年では行政の課題だけと考えることだけではなく、地域によっては障害者支援を行うNPO法人なども存在しています。

仕事をする場所を提供していたり、コミュニケーションをとる場所を提供していることも目立ちます。行政の課題の中には、障害者年金という内容も含まれていて、その内容も比較的充実しています。等級や症状に合わせて適用されている年金制度になり、等級によって受給額は変わります。

この障害者年金は生命線のような利用をしている方もかなり多いので、今後もその充実ぶりを発揮できるような政策が求められています。

-地域活動

© 2020 Ralahop(ララホップ)