地域のおすすめ

埼玉県のお土産名産品

埼玉の名産品の中でも、お土産と考えると第一に出てくるのは草加せんべいです。

草加あたりだけではなく、埼玉全土で売られていますので、お手軽に購入できますし封をあけていなければ日持ちもしますのですぐに召し上がっていただく必要も有りませんし安心です。

草加せんべいにはさまざまな種類がありますのでおせんべいが好きな方へのお土産としてはとても高評価でお勧めです。

また知名度としても高いので安定感もあります。

十万石まんじゅうも知名度からするとかなり有名です。

国産のつくね芋と新潟県産のコシヒカリの粉を作ってつくられた皮、そして北海道の小豆を直焚きして作ったあんこをたっぷりと入れたおまんじゅうです。

ほんのり山芋の香りがする皮と甘さ控えめに作られているこしあんのバランスが絶妙です。

地元でも親しまれていて人気ランキングでも常に上位に入っているアイテムです。

彩果の宝石は、フルーツと上質な砂糖を使って作られたゼリーです。

ゼリーといっても冷蔵庫に入れてスプーンで食べるようなものではなく、個装されていて飴を二回りほど大きくした位の大きさになっていて、手で持っていただくタイプです。

とにかくフルーツの味がしっかりするゼリーですし、お砂糖のじゃりっとした感触も好きという方も多いです。

宝石というネーミングが付いている通り、砂糖がついていてキラキラとして、その下に色とりどりのカラーのゼリーが見えますので見た目も綺麗です。

形も色もうつくしくて、だれに贈っても喜ばれると安定のお土産です。

五家宝は、もち米をサクッとした軽い形状のあられにし、水あめなどで固めたおこしをきな粉で包み、表面にきな粉をまぶした和菓子です。

埼玉県熊谷市で江戸時代に売り出されていたと言われているぐらい歴史のあるお菓子です。

今風の味ではなく素朴な味が落ち着くという事で、ずっと好まれている味で地元でも長く親しまれています。

福蔵は、北海道十勝産の小豆をふっくら炊いてあんこにして、その中に新潟産のこがね餅を入れて香ばしく焼き上げた最中の皮ではさんだお菓子です。

最中のバリバリ感と中のしっとり感がとてもマッチしていて完成度も高いしおいしいと好評です。

いも恋は、さつま芋を輪切りにしたものと北海道小豆を使ったつぶ餡を、もち粉と山芋で作った生地で包んで蒸したお饅頭です。

埼玉はさつまいもの名産地でもありますし、薩摩芋好きな方へのお土産として最適です。あんこと薩摩芋の絶妙なバランスは美味しいです。

-地域のおすすめ

© 2020 Ralahop(ララホップ)