提案

部屋のレイアウトを見直し掃除する

部屋の掃除にあたり、いらない物の処分が必要です。

なので、いる物、いらない物の定義をここで作ってみる事にしました。

いる物:日々使う物、仕事で使う物、持っていて価値がある物
いらない物:おそらく今後使わない物、汚れている物、壊れている物

 

まあ、非常にザックリだがこの振り分けで、いらない物の処分をしてみました。

それなりの物は処分する事ができ、部屋は少し片付きました。

 

片付ける・・・

 

掃除には必要な要素だと思いますが、ここである事がひらめきました。

 

部屋のレイアウトを変えれば、もっとスッキリ片付くな・・・

 

という訳でレイアウトを少し見直してみる事にしました。

どこに何を置くか、置く場所を見直してみる事で、更にスッキリ感は増しました。

 

だけど・・・

 

本当は片付ければいいけど、また出してくる手間を省く為、近い将来使う予定なので、あえて片付けない物か結構ある事にも気づきました。

言い換えれば、あえて片付けない物をあえて残しておく事もありかと。

まあ、5〜6個のアイテム数なのですが、そういう物は片付けないで置いておく事にしました。

ただ、折角のレイアウト変更を乱さないようする為に、片付けない物の置き場も、レイアウトに組み込む事にもしました。

結果、見栄えはあまり変わっていないような気がするが、自分自身の気持ちはだいぶ整理できたように思えました。

ただ、こういった作業にするにあたり、以前は一気に出来た事が最近はそれができなくなってます。

集中力が明らかに落ちてしまっています。

この理由は何故かを少しは紐解いてみたいと思いますが、終わるまでに、明らかに時間がかかりすぎています。

 

さて、集中力が落ちている事の自己分析ですが、集中し切れていない事が原因かと思われます。

時間の枠を決めて行っていない事も原因かもしれません。

言い換えれば、「何分までに、この作業を終わらせる」といった、時間での区切りを作って、それまでに終わらせようとすれば、少しは集中が増すのではと思われます。

いわゆる生産性を上げるという事になりますが、今の自分をもう少し時間で縛って、ダラダラ感を拭い去る訓練をした方が良い事に気付きます。

この部分が改善できれば、例えば仕事では、事務的な時間が早くなる事で、実務的な時間を多くとる事ができ、成果を導きやすくなると思われます。

 

話しは戻すが、掃除は気になり出したらきりがありません。

やはり適当なさじ加減が必要になってきます。

前投稿で決めたとうり、やらない事も作る意味で、部屋の掃除はこれにて終了しようと思います。

-提案

© 2020 Ralahop(ララホップ)