生活

個人輸入代行の内容と注意点

現代社会はインターネットが当たり前のように普及してきたこともあり、個人が日本に居ながらでも海外の製品を購入することができる時代になっています。

個人輸入というのは、海外の製品を個人で取り寄せて購入することであります。

通常であれば海外の製品はその企業の現地法人や日本での代理店が国内の市場で販売することになります。

それに対して個人輸入の際には、直接現地の企業や店舗に対して直接取引をします。

ですが、現実問題として個人が海外の製品を購入するのはハードルが高くなっています。

それは、海外の言語が分からないという問題があるからです。

例えば米国の製品を購入する場合には、当然ながら現地の言語である英語を理解する必要があります。もともに英語に長けている方であれば良いですが、そうした方ばかりではありません。

取引する際には申込書の内容や契約書の内容など全て英語表記になっていますので、個人が米国の製品を購入する場合には英語の能力が相当な必要になります。

また製品に関する問い合わせをしたい場合には、今度は英作文の能力も必要になります。

それに個人輸入の場合には日本ではあまり気にすることはないですが、海外からの製品を購入した場合には到着の遅れや誤送などのトラブルがあることも注意点としてあります。

以上の理由から、個人輸入はある程度の知識がないと現実的には難しいです。

そこで、個人輸入代行会社があるわけです。

今まで挙げてきた理由から個人輸入は初心者ではハードルが高くなりますが、個人輸入代行会社を利用すれば日本語だけで取引できます。

これは、日本人にとってはメリットがあります。さらに支払いや配送方法に関する問い合わせも日本人のサポートが受けられますので、現地の国の言語が分からなくても海外の製品を購入することができます。

ただし個人輸入代行会社を利用しても購入ができない物もありますので、その点は注意しておく必要があります。

-生活

© 2020 Ralahop(ララホップ)