書籍

キンコン西野「新・魔法のコンパス」|これからを生きる上で大切な三つの要素

キングコング西野の新刊「新・魔法のコンパス」 活力がみなぎる一冊

はやりのオンラインサロンでは国内最大級の会員数を誇り、絵本もビジネス書もヒットばかり。

まさに時代の寵児となったキングコング西野氏の新刊が5月に発売されました。

それが「新・魔法のコンパス」です。

西野氏にとって4作目のビジネス書となるこの本は、2016年に出版された「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」の文庫本になります。

 

モデルチェンジした一冊

「『新』なんて付けて、内容が少し追加されただけでしょう?」と思いきや、決してそんなことはありません。

といいますか、一般的な文庫化ではなく、まったく別物の一冊であり、文字通り新作といっていいです。

実際、著書の中でもこのように書かれています。

「『魔法のコンパス』の“文庫版“なんだけど、この3年で時代は大きく変わったので、3年前の内容を“焼き直し“しただけでは、とても間に合わない(中略)というわけで今回は、内容をまるっきり書き直して、まったく別の一冊としてお届けしようと思う」

それでは、新たにモデルチェンジした西野流のビジネス論とはいったいどういったものなのか?その内容をご紹介します。

 

生きる上で大切な三つの要素

本書はこれからを生きる上で大切な三つの要素について焦点を当てられています。

「お金」「広告」「ファン」です。「お金」は分かりますが、「広告」「ファン」は何となくイメージしづらいですよね。

一般人からしたらかかわりがなさそうと思いますが、そんな疑問や不安も本書を読めば不思議と納得させられます。

個人的には第2章の「広告」がかなり勉強になりました。

今はSNS全盛時代です。専門の「クリエイター(発信者)」ではないが、かといってずっと「オーディエンス(受信者)」でいるわけでもない。

ときどき「クリエイター」として発信する「セカンドクリエイター」が急増しています。

モノを売る、サービスを広めるためにはこの「セカンドクリエイター」をいかに巻き込むことの大切さがあらためてわかります。

「確認作業でしか動かない」「お客さんの一日をコーディネートしろ」「相談して共犯者をつくれ」などなど、そのノウハウは聞けばどれも納得です。

本書では一つ一つ丁寧に解説されていますので、興味がある人はぜひ手にとってみてください。

 

お手頃価格で読みやすい

もう一つこの本の特徴としてお伝えしたいのは「とにかく読みやすい!」ということです。

小難しい話もすんなりと頭に入ってくるのは、さすが話芸で飯を食う芸人といった感じです。

全285ページですが、1時間ほどで読めちゃいます。

ビジネス書を読みなれていな人にとっても手にしやすい一冊です。

 

最後に

この本の帯を書いた又吉直樹さんは「『きょうからなんかやってみよう』という活力がみなぎった」と記しています。

まさにその通りで、読後には体の中からぶわっと活力がみなぎってきますよ!

ぜひ、読んでみてください。

-書籍

© 2020 Ralahop(ララホップ)