健康に関する不安

老化と向き合う

これまでどの位の期間を、自分の体と付き合ってきたのでしょうか。

これはつまり、今の年齢ですね。

もし、今あなたが60歳であるならば60年間、自分の体を消費してきた事になります。

60年って・・・ これはすごい年月ですよね。

これまで、仕事や生活で自分を支えてくれた、その自分の体を褒めてあげて下さい。

ただ人生100年時代といえど、体をどの位酷使してきたかによって、いわゆる寿命は大きく変動してきます。

そして残念ながら、体は老化します。

将来どの位生きれるのかは、誰もわかりませんが、老化により死を迎えることをっかり受け止めていくことは大切です。

 

体のある程度の不具合は諦めよう

老化により、体の機能が低下します。

これは仕方ありません。

諦めてしっかり受け入れましょう。

その中で、いかに有効に体の不具合を出さないように管理して死を迎えるか・・

でもできる限り、ピンピンコロリで逝ける事を多くの方が望んでいるのが現状です。

 

【暮らしと健康】に関するカテゴリー

 

 

【健康対策とお金の対策を両方かねよう!】




 

 

© 2021 Smart long life