バイク

ハーレーダビットソンの生い立ち

ハーレーダビットソンは、アメリカのオートバイメーカーです。

今ではバイクの王様として知名度も高く、世界中に多くのファンがいます。

生い立ちは1901年にウイリアム・S・ハーレーという若者が小型エンジンとフライホイールを設計したことから始まります。その後にアーサー・ダビッドソンが加わって自転車エンジンの開発を行い、1903年に第一号が誕生しました。

このときのエンジンのキャブレターにはトマトの缶が使われていたそうです。

今ではとても大きなメーカーに成長しましたが、始まりは手作りで試行錯誤しながら完成しエンジンからということで非常に歴史を感じます。

会社として設立されたのは1907年で、小さな納屋を拠点としていました。

バイクの製造台数はこの年に年間170台となり、まだまだ今と比べれば少ないですが、ハーレダビットソンが躍進した年でもあります。

1907年にはVツインエンジンが開発されましたが、それに改良が加えられた5DというVツインエンジンが1909年に完成して量産されるようになりました。

これにはベルトドライブ駆動が導入されており、現在のハーレーの基礎がここで出来上がったと言えます。

1916年にはレースで躍進しました。OHV1000ccVツインエンジンを搭載したバイクがこの年の300マイルレースで優勝したほか、7位までの入賞のうち6台が同社製であるという結果をもたらしました。ここでハーレーの知名度はかなり上がったとみても良いでしょう。

世界大戦や第二次世界大戦で多くの会社がつぶれていく中、ハーレーダビットソンは生き残りました。

第二次世界大戦では軍に多くのバイクを納入しています。Army-Navy "E"Awardという賞がありますが、優秀と判断されたことから、ハーレダビットソンは1943年と1945年の二度この賞を受賞しています。

1969年に買収されて生産が合理化された結果、一時期はストライキが多発して品質もとても落ちてしまいました。

その結果、業績はとても低迷する時代に入りましたが、その後に売却されて生産を厳しくして再建をはたしています。

その後も新しいエンジンを開発して投入するなど、常に進化を続けているメーカーです。

時代によって採用されている技術やデザインが異なる所も面白いところで、オールドハーレーも高価で取引されています。

最新モデルも人気ですが、クラシックバイクとしての需要もとても高い、歴史あるメーカーであることを示しています。

-バイク

© 2020 Ralahop(ララホップ)