バイク

モンキー125誕生!グローバルモデルへのデビユー!

引用先 https://moto.webike.net/moto_report/2018/11/17819/

国産バイクの中でも最も知名度が高く、幅広い世代から人気があるのが「モンキー」です。

発売から60年ほど経っていますが、その人気は今だ衰えることがありません。

今回は2018年7月12日に発売された「ホンダ モンキー125」についてご紹介します。

 

「モンキー125」の外観 スケールアップして帰ってきたモンキー!

引用先 https://www.tamiya-plamodelfactory.co.jp/20190705-jb-001/

2018年7月に「モンキー125」が発売されました。

「モンキー125」は、これまでのモンキーらしさはそのまま残しつつも、大幅に排気量をアップしました。

そのためボディサイズがスケールアップされています。

ただし、遠くから見ても一目でモンキーとわかる唯一無二のフォルムは今回も健在です。

また近くで見るとヘッドライトやメータなどが、昔風のアンティークな仕上がりになっていることから、新しくなって親しみやすさは変わりません。

その、あまりの可愛さにチョイノリでどこかへ出かけたい気分になります。

 

「モンキー125」の歴史 テーマパークの遊具から日本一の人気バイクへ!

引用元 https://www.autoby.jp/_ct/17094792

1961年(昭和36年)に、モンキーのベースモデル「Z100」が開発されます。

「Z100」自体は、東京都にあった「多摩テック」内で子供用の遊具として開発されたミニバイクでした。

ちなみに「多摩テック」とは、モータースポーツに特化したテーマパークのことです。

「Z100」は当時遊園地にあった、ゴーカートのような位置づけでした。

その後、1967年に現在の「モンキー」に車名を正式変更、日本国内で発売が開始されます。

そしてここから本格的に「モンキー」の歴史が始まります。

1997年2月には、ついに30周年アニバーサリーモデル、2006年12月には40周年スペシャルモデルがそれぞれ発売されます。

そして2017年2月に50周年アニバーサリーモデルが発売されたことを機に、50㏄モデルの販売が終了します。

実際、日本国内で50年以上も製造されたバイクは、ホンダの「スーパーカブ」と「モンキー」くらいなのではないでしょうか。

それほど「モンキー」は日本人に愛されたバイクということがいえます。

 

「モンキー125」のセールスポイント

引用元 https://www.webcg.net/articles/gallery/38734#image-4

「モンキー125」はスケールアップしたことで3つのセールスポイントを獲得しました。

1つ目がこれまで「モンキー50」ではシート高が660mmでした。

ところが「モンキー125」では775mmになり、約100mm以上も高くなったことで身体が大きい人も乗りやすくなりました。

2つめが「モンキー125」では、エンジンも大きくなり、排気量も約2.5倍になったことでパワーがつき、走りに力強さがつきました。

3つ目がタイヤが8インチから12インチに大きくなったことで、走行時の安定感が高まったことです。

これによりふらつきが減り、ストレート、コーナーどちらも余裕で走行することができるようになりました。

 

「モンキー125」の各サイズ・スペック・機能

「モンキー125」の全長、全幅、全高は1,710×755×1,030mmです。

シート高は775mm、車両重量は105㎏あります。

燃費は国土交通省届出値で71.0km/hを実現しています。

総排気量は124㏄、最高出力は6.9kW、最大トルク11N・mです。

燃料タンクの容量は5.6Lです。

 

まとめ

引用元 http://moto-gallery.com/honda/monkey125/

今回は「 モンキー125」についてご紹介しました。

「モンキー50」の販売終了は多くのバイクファンを悲しませました。

ところで、モンキーの50㏄モデルの販売終了には理由があります。

その理由は、現在国内では50㏄クラスが最盛期の10分の1程度の販売台数になったことと、グローバルでは125ccクラス以上がスタンダードだからです。

今回ホンダがモンキーを125㏄クラスから発売した理由は、モンキーが日本だけでなく、これから世界のバイクユーザーから愛されるバイクになると見越してのことではないでしょうか。

NEW ENTRY

地域活動

2020/11/23

様々な地域の抱える課題をひとまとめ

今身の回りにはどんな課題があるのか・・・。 「発展」を頭に据えた時、日本に限らず、企業、家庭等も何だかの課題が生じます。 ここでは、身近な地域に関して問題点や課題点を整理して、何か自分にも出来ることはないかを探すきっかけにして頂けたらと思います。   防犯活動 日本は世界に類を見ないくらい平和な国であり、凶悪な犯罪は減少傾向にある一方で、軽犯罪などが増加傾向があります。 そして高齢化が進んでいることから、車を運転するドライバーの高齢化も進んでいるため、交通事故の発生も地域によっては増える可能性指 ...

ReadMore

生活

2020/11/19

50代になったら終活を考えよう!

まだ健康で活動できるうちに自分の葬儀や墓などの準備し、家族などの身内に迷惑がかからないように生前整理し、残された者が自身の財産の相続を円滑に進められるための計画を立てておくことを終活と言います。 終活という言葉は、21世紀に入ってから話題になり、2010年には流行語大賞に輝き、数多くの書籍が出版されています。 現代ではネット上に専門サイトも多く出現し、住民サービスの一環として支援する地方自治体も現れています。 財産や人間関係といった社会的資産は「家」で継承するものではなく、ひとりひとりの個人の権利であり義 ...

ReadMore

雑記

2020/11/21

マイナポイント読み込み出来ない?アイフォン11編

引用 https://mynumbercard.point.soumu.go.jp     2020年7月より受付が始まったマイナポイント事業。 マイナポイントとは、マイナンバーの促進や消費の活性化等を目的に、国から付与されるポイントです。 この登録をアイフォンから行う際には、マイナンバーカードをスキャンして読み取る手順が生じるのですが、これが中々うまく読み取りが出来ないようです。 私も実際、何度やってもダメでしたが、ようやく取りこむ事が出来ました。 今日はその方法を紹介します。使用機 ...

ReadMore

雑記

2020/11/21

マイナポータル Safariにうまく戻れない時の対処方法

この度、給付金の申請を行うにあたりスマホ(アイフォン)マイナポータルを利用しましたが、マイナンバーカードを読み込ませてSafariに戻る作業が中々うまくいかず、その度に最初に戻り何度もデーターを入力し直す事になってしまいました。 同じような症状で先に進めない方のお役に立てればと、私が行った対処方法をお伝えします。   症状について 画面上のこの「マイナンバーカードを読み取り」の操作の時に、読み取った後、左上のSafariを押して画面に戻るようガイドではアナウンスされています。   &n ...

ReadMore

地域活動

2020/11/23

政治団体の特徴と作り方

政治団体と一口に言ってもどのような範囲を指すのかが分かりにくいこともありますが、ここではその特徴や団体の作り方などを確認していきます。 まず政治資金規正法に基づいてその区分や条件が設定されており、政治に関する活動の主義または施策を指示する団体を指している事が特徴で、指示や推進だけではなく反対する者もこれに当てはまります。 また特定の公職者(候補者)に対して推進や指示を行なう者も政治団体としてみなされ、これに反対する者も同様に政治団体となります。 これらの活動をメインとして行なう組織や団体が、政治資金規正法 ...

ReadMore

-バイク

© 2020 老〜いドン!