バイク

モンキー125誕生!グローバルモデルへのデビユー!

引用先 https://moto.webike.net/moto_report/2018/11/17819/

国産バイクの中でも最も知名度が高く、幅広い世代から人気があるのが「モンキー」です。

発売から60年ほど経っていますが、その人気は今だ衰えることがありません。

今回は2018年7月12日に発売された「ホンダ モンキー125」についてご紹介します。

 

「モンキー125」の外観 スケールアップして帰ってきたモンキー!

引用先 https://www.tamiya-plamodelfactory.co.jp/20190705-jb-001/

2018年7月に「モンキー125」が発売されました。

「モンキー125」は、これまでのモンキーらしさはそのまま残しつつも、大幅に排気量をアップしました。

そのためボディサイズがスケールアップされています。

ただし、遠くから見ても一目でモンキーとわかる唯一無二のフォルムは今回も健在です。

また近くで見るとヘッドライトやメータなどが、昔風のアンティークな仕上がりになっていることから、新しくなって親しみやすさは変わりません。

その、あまりの可愛さにチョイノリでどこかへ出かけたい気分になります。

 

「モンキー125」の歴史 テーマパークの遊具から日本一の人気バイクへ!

引用元 https://www.autoby.jp/_ct/17094792

1961年(昭和36年)に、モンキーのベースモデル「Z100」が開発されます。

「Z100」自体は、東京都にあった「多摩テック」内で子供用の遊具として開発されたミニバイクでした。

ちなみに「多摩テック」とは、モータースポーツに特化したテーマパークのことです。

「Z100」は当時遊園地にあった、ゴーカートのような位置づけでした。

その後、1967年に現在の「モンキー」に車名を正式変更、日本国内で発売が開始されます。

そしてここから本格的に「モンキー」の歴史が始まります。

1997年2月には、ついに30周年アニバーサリーモデル、2006年12月には40周年スペシャルモデルがそれぞれ発売されます。

そして2017年2月に50周年アニバーサリーモデルが発売されたことを機に、50㏄モデルの販売が終了します。

実際、日本国内で50年以上も製造されたバイクは、ホンダの「スーパーカブ」と「モンキー」くらいなのではないでしょうか。

それほど「モンキー」は日本人に愛されたバイクということがいえます。

 

「モンキー125」のセールスポイント

引用元 https://www.webcg.net/articles/gallery/38734#image-4

「モンキー125」はスケールアップしたことで3つのセールスポイントを獲得しました。

1つ目がこれまで「モンキー50」ではシート高が660mmでした。

ところが「モンキー125」では775mmになり、約100mm以上も高くなったことで身体が大きい人も乗りやすくなりました。

2つめが「モンキー125」では、エンジンも大きくなり、排気量も約2.5倍になったことでパワーがつき、走りに力強さがつきました。

3つ目がタイヤが8インチから12インチに大きくなったことで、走行時の安定感が高まったことです。

これによりふらつきが減り、ストレート、コーナーどちらも余裕で走行することができるようになりました。

 

「モンキー125」の各サイズ・スペック・機能

「モンキー125」の全長、全幅、全高は1,710×755×1,030mmです。

シート高は775mm、車両重量は105㎏あります。

燃費は国土交通省届出値で71.0km/hを実現しています。

総排気量は124㏄、最高出力は6.9kW、最大トルク11N・mです。

燃料タンクの容量は5.6Lです。

 

まとめ

引用元 http://moto-gallery.com/honda/monkey125/

今回は「 モンキー125」についてご紹介しました。

「モンキー50」の販売終了は多くのバイクファンを悲しませました。

ところで、モンキーの50㏄モデルの販売終了には理由があります。

その理由は、現在国内では50㏄クラスが最盛期の10分の1程度の販売台数になったことと、グローバルでは125ccクラス以上がスタンダードだからです。

今回ホンダがモンキーを125㏄クラスから発売した理由は、モンキーが日本だけでなく、これから世界のバイクユーザーから愛されるバイクになると見越してのことではないでしょうか。

NEW ENTRY

Money Rich Man Boss Relaxing Cash  - mohamed_hassan / Pixabay

お金

2021/5/14

FP試験2級 過去問2周目 まだ頭に入っていない論点・覚えにくい問題のまとめ(備忘録)

今年に入ってからFP試験の勉強しているのですが、最初は問題文を読むのにも一苦労しました。 それでも何とかテキスト(ユーキャンを利用)に一通り読み込み、テキスト内の問題をこなしましたが、いざ過去問を解くとなりとさっぱり分からず・・・。 それでもさらに過去問をこなし、何とかやっと問題文に向き合え、解答することができるようになってきました(正解率はかなり低いですが…)。   別にもう一つ問題集をやっており、そちらも使いやすく良かったのですが、 ①時々直近でも同じような問題が出ているので ②出題の傾向が ...

ReadMore

white flowers blooming

暮らしと健康

2021/2/23

一通りの大まかな葬儀の流れ

葬儀に関して、特に身内の場合は、受け入れ難い事もあり、なかなかその内容を知ろうとはしていない方が多いのが実状です。 ただ、お互いがどこかで命の終わりを迎える事は受け入れなければなりません。 葬儀の流れを知っておく事は、故人をしっかり送ってあげる事にもつながります。 今回は一通りの大まかな葬儀の流れを理解しておきましょう。   生前 ・家族と兄弟と家族葬でいいかを相談 ・葬儀社選びと事前見積もりを開始   臨終 ・死亡診断書を医師からもらう ・葬儀社に連絡して、遺体搬送 ・自宅に遺体を安 ...

ReadMore

man in black jacket holding white box

お金

2021/1/23

老後の生活費を考えた資格選びのポイント

60歳、65歳、70歳・・・ 節目を迎えても、できる限り働きたい・・・ 生涯現役でいたい・・・   人生100年時代を迎え、働き方が見直されている昨今、自分の人生設計を見直されている方が増えています。 働き続けたい理由の一つに、「長生きする事での生活費の不安」が挙げられます。 70歳を超えると大半の人は、年金と貯金を切り崩して生活していく事になります。 長く生きれば、それだけ生活費が必要になります。 今までは働く事で、ある意味なくなる心配がなかったお金が、働かなくなる事で少しずつなくなっていく不 ...

ReadMore

person sitting on chair reading book

資産管理

2021/1/12

生前贈与を知ろう

生前贈与とは、遺産相続税対策や資産の有効活用などが目的で本人が存命中に資産を子孫に贈与することです。 一般的に生きている間に不動産の名義を変更したり預貯金を渡すなどして財産の移転を行いますが、節税にはいくつかの方法があります。 金融資産であれば、年間あたり110万円以下の金額を渡す暦年贈与を行うことで税金対策を行う方法があるでしょう。 「住宅取得資金の贈与の特例」「結婚・子育て資金の一括贈与の特例」「教育資金の贈与の特例」などを上手に活用すれば、子や孫の住宅取得資金や結婚・子育て・教育費などの名目で非課税 ...

ReadMore

man and woman standing beside building and near cars

老後の仕事

2021/1/12

60歳を過ぎてからの仕事探し

60歳になった時、65歳まで働くか、それとも働けるまで働くか・・・ いずれにしても現在平均寿命が延びてきている中で、特に60歳を過ぎてから、どうやって過ごしていけば良いのかをどこかで考える必要があります。 定年後の時間が増えたことで、当然、生きていく為のお金の確保はしっかり考えなければなりません。 これまで会社員として働いていた方、特に大企業に勤めていた方は、会社に行くことで会社外の世界をそれはどは付き合う必要がなく、それなりの給与を得て不安なく暮らせてはいましたが、いざ、会社がなくなると「何をしたらいい ...

ReadMore

-バイク

© 2021 Smart long life