バイク

ハーレーウィンカースイッチ操作をしやすく改善

ハーレーのウィンカースイッチですが、指が届きにくくて操作がしにくいといつも感じていました。

また、特に右ウインカーはアクセルを回しながら操作をしなければならず、毎回一苦労といった感じです。

せめてもう少しスイッチが指に近ければ・・・と思い100円ショップに行き、手頃な長さのプラスチックを購入し、スイッチに被せるように貼り付ける事でスイッチの長さを拡張してみましたが、微妙に丸みをおびているスイッチには完璧に貼り付けるのが困難なのと、見た目がとても格好悪くなるので断念しました。

ただ、何とかならないものかと色々調べていたら、いい物が見つかりました。

 

これです^^

 

即、購入しました。

色、デザイン、形状は申し分なかったです。

ただスイッチとの接着が両面テープのみでした。

残念ながら近所を一回りしただけで取れてしまいました。

それなりの力を入れてスイッチを押します。

付属のテープでは操作には耐えきれないと判断しました。

そこで強力な厚手の両面テープに張り替えてみたのですが、そのテープの厚みが弾力となり、スイッチを押した際、柔らかな感じで、どうもしっくりきませんでした。

こうなれば最終手段として接着してしまうしかないと思い、愛用の接着剤でくっつけてみました。

 

優れものの愛用の接着剤はこれです!

 

<この接着剤のすごいところ>

①ほぼ何でも接着できる

②強力 以前車のサイドミラーが破損し取れてしまった時、この接着剤を使用。その後、高速道路を何度も走行しても取れることがなかった優れもの。

③強力なのに剥がしやすい  一体どういう原理になっているのか不思議です。この製品の技術力に脱帽。接着面がラバー状になっているので、綺麗に剥がせます。

この接着剤は、近くのホームセンターに行けば、ほぼどこにでも置いてあると思われます。

 

わずかな長さの延長ですが、快適にウィンカー操作が出来るようになりました。

ただ貼るだけの作業ですので、とても安く、簡単にできます^^

 

-バイク

© 2020 Ralahop(ララホップ)