自己啓発

損した時の考え方

お金や物をあるいは機会を失った時、人は損をしたと思うものです。

しかし、考え方によっては損失を取り戻せないとしても、代わりに他の利益が得られることがあります。

例えば失敗を知るチャンスだと考えると、同じ失敗を繰り返す可能性が減らせます。

また冷静さを取り戻す機会と思うことで、客観的に状況分析が行えるようにもなります。

つまり、考え方一つでその後の結果は変化しますし、必ずしも失ってばかりではないと気が付けるはずです。

冷静になる為に異なる考え方を持つ、これは損を損で終わらせないきっかけに変わります。

むしろ一度でも損を経験した方が、次に利益を得るヒントが分かったりします。

ただ失敗の繰り返しを回避するというよりも、損を利益に変えるチャンスが手に入るといえるでしょう。

目先の損は確かに誰でも悔しいものですが、悔やんでも結果は変わりませんし、状況がもとに戻るわけでもないです。

ところが、感情とは異なる思考で物事を捉えるチャンスと考えられれば、今後同じような状況に遭遇した場合に、違った結果が得られるようになります。

考え方とは面白いもので、異なる視点を持って考えてみると、思考回路が変化したり柔軟性が身につきます。

感情に従う一方では、思考回路がワンパターンになってしまい、何時も損をしているような気分になりがちです。

損をした状況に憤慨したり、目先の損失を取り戻そうとするのも分かりますが、それでは更にマイナスを増やしかねないです。

逆に、新しい考え方を獲得するきっかけと捉えれば、状況を逆転できる可能性が見えてきます。

-自己啓発

© 2020 Ralahop(ララホップ)