地域活動

老後の一人暮らしのサポート

超高齢社会に突入した日本においては、総人口における65歳以上の高齢者の割合は25%を超えており、今後もますます増加傾向にあると分析されています。

少子化や核家族化、結婚しない人などさまざまなライフスタイルや価値観を持った人が増えている日本においては高齢者の単独世帯や夫婦のみの世帯も増えているのです。

高齢になると心身機能が低下することは自然なことであり、日常生活に何かしらの支援や見守りが必要になってくるケースがほとんどです。

元気で生活している間は安心ですが、老後の一人暮らしは急に体調が悪くなったり、家の中で転倒して怪我をしてしまうなど予想外のトラブルや病気、怪我などに起こりうる可能性もあります。

一人暮らしであれば直ぐに助けることが出来なかったり、例えば軽度の認知症状が発生していてもそれに気づける人が側にいないなどの心配も増えてくるのです。

老後の一人暮らしを安心して維持していくためには、家族や介護サービスなどの様々な支援が必要になってきます。

家族で出来ることとしては、定期的に自宅を訪問して様子を確認し、心身の変化や機能低下が無いかなどのちょっとした変化に早めに気づくことです。

高齢者は困ったことや不自由を感じていても我慢をしたり人に伝えないことも多い為、家族が様子を確認して関わる事で、それらの問題に早めに気づいてあげる事が出来ます。

とはいえ、離れて暮らしている家族が毎日のように自宅を訪問することは大きな負担になる為に、日々の安否確認や日常的な支援に関しては外注サービスを利用する事も出来ます。

食事の準備や買い物などが負担で栄養バランスの良い食事が取りにくくなっている場合には、近年増えている配食サービスを利用する方法もあります。

病気などに対応している専門弁当などを提供している会社も多く、毎日栄養のある美味しい食事が摂れるだけではなく、顔を見て配達を行ってくれるために安否確認を同時に行ってくれるメリットもあります。

介護が必要になれば公的保険である介護サービスを利用する事も可能ですし、家事やその他の雑用は外注サービスで提供してくれる会社も増えているのです。

-地域活動

© 2020 Ralahop(ララホップ)