地域活動

ふるさと納税制度の目的・本質

ふるさと納税への関心が高まっています。

自分の好きな自治体に寄付をすることにより税の控除を受けることができるため利用している人が増えているのです。

なぜこのようなことをしなければならないかと言いますと、地方が財政難で経営が苦しいことが背景にあるからです。

人口の流出により大都市圏に人が集まっているので結果的に税金も1つの地域に集中してしまうのです。

そのお金を少しでも地方に回すのが狙いです。

自分自身に縁もゆかりもない土地に寄付をすることも可能であり、複雑なイメージがあるかもしれません。

自治体にとっては税収がアップするのでメリットはありますが、納税者はどのようなメリットがあるのでしょうか。

所得税、住民税から控除を受ける事ができ、また返礼品というもので還元されるので、何もせず税を納めるよりも商品を受け取ることができます。

ただ一番のメリットは、自分が得する為にという概念ではなく、地域の発展に寄与する社会的貢献がなされる事だと思います。納税金は、言い換えれば、地域への寄付金です。

手続きは自分が税を納めたい自治体を選び納付するだけであり、難しい手続きはないです。

期限は1月1日から12月31日のいつでも可能であり、その年で決済が行われていれば税の控除を受けることができます。

実質自己負担金は2000円の税金で、地方の特産物を得ることができるので利用しない手は無いのです。

万が一12月31日を超えてしまった場合は、翌年の税控除の対象になりますので注意をしなければならないです。

費用と時間がかかり、確定申告等難しいことをやらなければメリットを受けることができないと考えている人もいるかもしれませんが、郵送1つで簡単に税の控除を受けることができるのです。

それがワンストップ特例制度です。

ワンストップ特例制度があるので、自分自身で難しい手続きをしなくて良いのもふるさと納税を行っている人が多くなっている理由だと考えます。

ふるさと納税の経緯とその背景について


ふるさと納税というのは、もともとは故郷から都会に働きに出る人が多くなり、その結果故郷にいる人が少なくなってその市町村が徐々に寂れていくことを少しでも防ぐことができないものか、そこから旅立っている人たちが自分たちを育ててくれたところを盛り上げられないかという趣旨で始まったものだということが言えます。

だから、今住んでいないとしても、自分を育ててくれた市町村のために少しでも貢献出来できるのであればと、いくらかの寄付金を送ることを促進し、それを国としても援助しようとということから出発したものなのです。

そして、その寄付行為を促進するために税金が安くなるという仕組みが考えられ、さらには返戻品というおまけがつくということも制度化された経緯があります。

加えて寄付をする人のメリットになりますが、自分の出身地でなくても良いということになりました。

その結果、全国の市町村が競って、多くの寄付を集めようとして、返礼品に魅力を持たせるようになりました。

返礼品に沢山のお金を掛けても、寄付が多く集まれば採算が取れるという計算となります。

所得税や地方税の還付によって、寄付金をもらった市町村は財政が痛むことはないので、寄付金額より少ない費用で済む返礼品であれば有難いということになるのです。

いわばこれがふるさと納税の制度的なデメリットということになります。

全体的に見れば、寄付をした人は、2000円以上の返戻金をもらえるのであれば、あとは税金で還付されるのですごく得であり、計算上損をするのは国とその人が住んでいる市町村となります。

だからこそ今、制度の見直しが声高に叫ばれています。

淋しくなった市町村を活性化させるのが狙いであったにも関わらず、結果として寄付する人のお得感を満たし、当該市町村が潤うということなので、返戻品についても本来の姿にしようということからです。

ふるさと納税でお得な思いをしてきた人たちにとっては見直しは勘弁してというところでしょうが、本来の目的が果たせない制度というのは見直すしかないのと言えます。

まずは、自分がどれだけの税金を納めているのか把握した上で、ふるさと納税を活用してみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

ふるさと納税 おすすめサイト

ふるさとチョイス〜ふるさと納税とは〜

 

 

 

 

 

NEW ENTRY

地域活動

2020/11/23

様々な地域の抱える課題をひとまとめ

今身の回りにはどんな課題があるのか・・・。 「発展」を頭に据えた時、日本に限らず、企業、家庭等も何だかの課題が生じます。 ここでは、身近な地域に関して問題点や課題点を整理して、何か自分にも出来ることはないかを探すきっかけにして頂けたらと思います。   防犯活動 日本は世界に類を見ないくらい平和な国であり、凶悪な犯罪は減少傾向にある一方で、軽犯罪などが増加傾向があります。 そして高齢化が進んでいることから、車を運転するドライバーの高齢化も進んでいるため、交通事故の発生も地域によっては増える可能性指 ...

ReadMore

生活

2020/11/19

50代になったら終活を考えよう!

まだ健康で活動できるうちに自分の葬儀や墓などの準備し、家族などの身内に迷惑がかからないように生前整理し、残された者が自身の財産の相続を円滑に進められるための計画を立てておくことを終活と言います。 終活という言葉は、21世紀に入ってから話題になり、2010年には流行語大賞に輝き、数多くの書籍が出版されています。 現代ではネット上に専門サイトも多く出現し、住民サービスの一環として支援する地方自治体も現れています。 財産や人間関係といった社会的資産は「家」で継承するものではなく、ひとりひとりの個人の権利であり義 ...

ReadMore

雑記

2020/11/21

マイナポイント読み込み出来ない?アイフォン11編

引用 https://mynumbercard.point.soumu.go.jp     2020年7月より受付が始まったマイナポイント事業。 マイナポイントとは、マイナンバーの促進や消費の活性化等を目的に、国から付与されるポイントです。 この登録をアイフォンから行う際には、マイナンバーカードをスキャンして読み取る手順が生じるのですが、これが中々うまく読み取りが出来ないようです。 私も実際、何度やってもダメでしたが、ようやく取りこむ事が出来ました。 今日はその方法を紹介します。使用機 ...

ReadMore

雑記

2020/11/21

マイナポータル Safariにうまく戻れない時の対処方法

この度、給付金の申請を行うにあたりスマホ(アイフォン)マイナポータルを利用しましたが、マイナンバーカードを読み込ませてSafariに戻る作業が中々うまくいかず、その度に最初に戻り何度もデーターを入力し直す事になってしまいました。 同じような症状で先に進めない方のお役に立てればと、私が行った対処方法をお伝えします。   症状について 画面上のこの「マイナンバーカードを読み取り」の操作の時に、読み取った後、左上のSafariを押して画面に戻るようガイドではアナウンスされています。   &n ...

ReadMore

地域活動

2020/11/23

政治団体の特徴と作り方

政治団体と一口に言ってもどのような範囲を指すのかが分かりにくいこともありますが、ここではその特徴や団体の作り方などを確認していきます。 まず政治資金規正法に基づいてその区分や条件が設定されており、政治に関する活動の主義または施策を指示する団体を指している事が特徴で、指示や推進だけではなく反対する者もこれに当てはまります。 また特定の公職者(候補者)に対して推進や指示を行なう者も政治団体としてみなされ、これに反対する者も同様に政治団体となります。 これらの活動をメインとして行なう組織や団体が、政治資金規正法 ...

ReadMore

-地域活動

© 2020 老〜いドン!