健康

脳の効率良い休ませ方

現代においては、私たちの生活に欠かせなくなったスマートフォンからの情報をはじめとし、テレビやラジオなど情報が次から次へと入ってくるようになりました。

そのような時代の流れに伴い、なんとなく疲れを感じたりだるかったりなどといったような身体の不調を感じている人も少なくないのではないでしょうか。

もしかしたらその疲れは、脳の疲れから来ているかもしれません。

そのような不調を改善するもっともよい方法は、質の良い睡眠をとることです。

みなさんは寝る前にどのような行動をとっているでしょうか。

寝る直前に食事をとったり、テレビを見たりしていないでしょうか。そのように外部からの刺激を脳に与え続けてしまうと、質の良い睡眠をとることはまず難しいです。

まず食事はベッドに入る3時間以上前に済ませるようにしましょう。

テレビやスマートフォンは可能であればベッドに入る1時間前までしか使用しない方が良いです。

しかし寝る前にメールやメッセージのチェックをしなければならないという木とも少なくないと思われますので、そういった場合はせめてベッドに入る15分前には画面を見ないようにしましょう。

それだけでもぐっと脳が休まり、睡眠の質が良くなります。

睡眠の質が良くなれば、朝目覚めたときに脳がすっきりとした感覚が得られると同時に仕事や家事がスムーズに行えるようになります。

もし夜の睡眠だけでは脳の疲れが取れず、仕事がはかどらないといったお悩みをお持ちの方は、5~10分の間だけでもよいので目を閉じるという方法を実践してみてください。

睡眠をとることができない状況でも、目を閉じるだけでも外部からの情報が遮断されるため脳をやすめることができます。

お昼休みやちょっとした空き時間にぜひ試してみてください。

脳を休ませることは、質のいい生活を送るために欠かせないことです。

意識的に外部からの情報を遮断する時間を設け、睡眠や脳の回復の効率向上を図るようにしましょう。

-健康

© 2020 Ralahop(ララホップ)