雑記

Think clearly(シンク・クリアリー)思考が変われば人生は変わる|誰もが今すぐできる「52の思考法」

「はじめに」に書かれた3ページ、そして目次をざっと読んでビビッときました。

「これは人生が変わる本だ」と。

その本がこちらになります。

「Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法」

著者はスイス人作家で実業家でもあるロルフ・ドベリー。

日本では4月に発売されたばかりですが、すでにドイツで25万部のベストセラーになるなど、世界29か国で翻訳され話題沸騰中の一冊です。

 

誰もが今すぐできる「52の思考法」

「思考の道具箱」は、雑多な知識よりも、お金よりも、コネよりも、人生にとっては大切である。

私は実際に、毎日毎日これらの思考の道具を使って、人生で直面する問題や課題を克服してきた。

どれも自信を持っておすすめできる道具ばかりだ。

こちらは、本文から抜粋した一節です。

この通り、著者は良い人生を送るための「普遍的な思考法」を見つけたというのです。

それは、決して難しいものではありません。

「考えるより、行動する」「戦略的に頑固になる」「好ましくない現実を受け入れよう」など、誰もができる思考法ばかりです。

その数は、なんと52個にも上ります。

「50個も無理だよ…」なんて思うかもしれませんが、全部が全部を実践する必要はまったくありません。

これは良さそうだと直感したものから、少しずつ取り入れていけばいいのでしょう。

「いいね!」を集める生活から離れてみる

ここでは、その一つをご紹介しましょう。

ネット社会にどっぷりとつかっている人はぜひ試してみてください。それはずばり「SNSの評価から離れる」ということです。

Twitter、フェイスブック、インスタグラムで「いいね!」を押したり押されたりする合戦に巻き込まれている人って本当に多いですよね。

本書では大富豪ウォーレン・バフェット氏の言葉を引用して、そのような行動の無益さを説明しています。

世界一すばらしい恋人なのに他人からひどい恋人と思われる方がいいか、それとも実はひどい恋人なのに他人からは世界一の恋人だと思われるほうがいいか?

わかりやすくいえば「自分の内側にある自分自身の基準が大事か、それとも周りの人の基準が大事か」ということである。

SNSに振り回されるのはもうやめようと思いながらも、なかなか離れられない人には耳が痛い言葉かもしれませんね。

簡略化してご紹介しましたが、このように本当の意味で「自分の人生を生きる」ための手助けとなるような思考の道具が、本書にはたっぷりと詰まっています。

情報化社会だからこそ「考え方」を学ぼう

インターネットが発達した情報社会において、残念ながら知識量は誇るべきことではりません。

大切なことは、思考法です。

思考の道具を効果的に扱えるようになれば、人生はきっと好転します。

その具体的なノウハウはこの本一冊を読めば手に入るというわけです。思考法を身に付けて、人生の質を上げてみませんか。

NEW ENTRY

地域活動

2020/11/23

様々な地域の抱える課題をひとまとめ

今身の回りにはどんな課題があるのか・・・。 「発展」を頭に据えた時、日本に限らず、企業、家庭等も何だかの課題が生じます。 ここでは、身近な地域に関して問題点や課題点を整理して、何か自分にも出来ることはないかを探すきっかけにして頂けたらと思います。   防犯活動 日本は世界に類を見ないくらい平和な国であり、凶悪な犯罪は減少傾向にある一方で、軽犯罪などが増加傾向があります。 そして高齢化が進んでいることから、車を運転するドライバーの高齢化も進んでいるため、交通事故の発生も地域によっては増える可能性指 ...

ReadMore

生活

2020/11/19

50代になったら終活を考えよう!

まだ健康で活動できるうちに自分の葬儀や墓などの準備し、家族などの身内に迷惑がかからないように生前整理し、残された者が自身の財産の相続を円滑に進められるための計画を立てておくことを終活と言います。 終活という言葉は、21世紀に入ってから話題になり、2010年には流行語大賞に輝き、数多くの書籍が出版されています。 現代ではネット上に専門サイトも多く出現し、住民サービスの一環として支援する地方自治体も現れています。 財産や人間関係といった社会的資産は「家」で継承するものではなく、ひとりひとりの個人の権利であり義 ...

ReadMore

雑記

2020/11/21

マイナポイント読み込み出来ない?アイフォン11編

引用 https://mynumbercard.point.soumu.go.jp     2020年7月より受付が始まったマイナポイント事業。 マイナポイントとは、マイナンバーの促進や消費の活性化等を目的に、国から付与されるポイントです。 この登録をアイフォンから行う際には、マイナンバーカードをスキャンして読み取る手順が生じるのですが、これが中々うまく読み取りが出来ないようです。 私も実際、何度やってもダメでしたが、ようやく取りこむ事が出来ました。 今日はその方法を紹介します。使用機 ...

ReadMore

雑記

2020/11/21

マイナポータル Safariにうまく戻れない時の対処方法

この度、給付金の申請を行うにあたりスマホ(アイフォン)マイナポータルを利用しましたが、マイナンバーカードを読み込ませてSafariに戻る作業が中々うまくいかず、その度に最初に戻り何度もデーターを入力し直す事になってしまいました。 同じような症状で先に進めない方のお役に立てればと、私が行った対処方法をお伝えします。   症状について 画面上のこの「マイナンバーカードを読み取り」の操作の時に、読み取った後、左上のSafariを押して画面に戻るようガイドではアナウンスされています。   &n ...

ReadMore

地域活動

2020/11/23

政治団体の特徴と作り方

政治団体と一口に言ってもどのような範囲を指すのかが分かりにくいこともありますが、ここではその特徴や団体の作り方などを確認していきます。 まず政治資金規正法に基づいてその区分や条件が設定されており、政治に関する活動の主義または施策を指示する団体を指している事が特徴で、指示や推進だけではなく反対する者もこれに当てはまります。 また特定の公職者(候補者)に対して推進や指示を行なう者も政治団体としてみなされ、これに反対する者も同様に政治団体となります。 これらの活動をメインとして行なう組織や団体が、政治資金規正法 ...

ReadMore

-雑記

© 2020 老〜いドン!