雑記

アップデートで毎回エラー|更新出来ずアイフォンが使えない場合の対処法

2019年10月16日

アイフォン7を使っているのですが、先日iTunesからアイフォンのアップデートを行っている際、何回リカバリーしても途中ほぼ同じ場所でフリーズしてエラーが発生し、更新画面からいつまでも抜け出す事が出来ず、結果アイフォンが使えない状態に陥りました。

その時の対処法を備忘録として残しておきます。

 

経緯

そもそもどうしてそのような状況になったかというと、マックでiTuneに写真を取り込んだ際、 iTuneからアップデートのアナウンスが入り、ただそれを試みただけでした。

特におかしな作業をした覚えはなく、なすがままに、普通にボタンを押し更新を進めていきました。

 

ところが・・・

 

「原因不明のエラー」のような内容のエラーが何度試みてもほぼ同じ場所で発生し、アイフォンが通常画面(普段使っている画面)に戻らず、使うことができなくなりました。

かなり焦りました。

「壊れたか・・・」と思いながら、色々なサイトで調べ対処しましたが、最悪出荷時の状況に戻す作業を行和なければならないとの事で、ますます焦りました。

色々試した結果、やはりうまくいかず、最後の出荷時の状態に戻す処理を行いましたが・・・・

ここでもエラーが発生してアイフォンを復旧させる事が出来ませんでした。

ちなみにこの状況をリンゴループというようです。

 

*ここまでの作業においては、ダイワンテレコムさんのサイトがとても役に立ちましたので紹介しておきます。

ダイワンテレコムさんのサイト

 

出荷時の状態からバックアップでどこまで戻る?

ここで、出荷時の状態に戻すとどうなるかを説明します。

説明するまでもなく、買った時の状態に戻ると言う事です。

知りたいのはバックアップで出荷時の状態からどこまで戻るかという事だと思いますが、実際にやってみた結果をお伝えします。

私はiTuneとiCloudにバックアップを行っていました。

出荷状態に戻した際に、最初にiCloudでの復旧を試しましたが中々終わらず、調べたところものすごく時間がかかるとの事で途中でやめてしまいました。

iTuneが発端での事象であったので抵抗がありましたが、次にiTuneでバックアップを行った結果(約30分位で終わりました)を報告します。

結論から言うと、今まで使っていた状態にほぼ戻りました。

失ったデーターは主にアイフォン自体への設定に関する事、例えば指紋認証の登録や、WiFi設定等、アイフォンの設定画面で実施する内容でした。

ですので今までと同じ状態に戻すのには、それほど時間はかかりませんでした。

アプリもホルダーもパーソナルデーターも全て無事でした。

*ただ、気づいていないところで何かが変わっているのかもしれません。出荷前に戻す作業は自己責任でお願い致します。

 

ソフト購入

もうダメか・・・と諦めていたらこんなサイトがあり、最後の望みをかけました。

wondershareさんのサイト

 

dr.foneというソフトです。

無料かと思って対処していましたが、有料ソフトでそこだけが残念でしたが、このソフトで何とかアイフォンがよみがえりました。

無料でソフトはダウンロード ができますが、修復作業に入る際、製品を購入する流れになっています。

価格は5580円(2009年10月現在)、ショップに行って直す時間を手間等を考えれば、まあまあ仕方がないと思える価格だと思います。

最初にソフトをパソコンにドラックして取り込む画面があり、パソコンに取り込んだ後、起動させます。

使い方はサイトに簡潔に説明がされていますので、確認しながら取り組めば問題ないかと思います。

途中で購入画面を促された時に、若干その手続きに時間を割く形となりますが、事前に近くの修理相場等を確認してから、購入するかどうかは判断すると良いでしょう。

ただ、データ処理の時間が30分位かかったように思いますが、うまくいくか心配しながら待つ時間は長いです。

こらえて下さい。

データを保留するスタンダードモードで最初実施しましたが、うまくいかず、とても焦りましたが、データが消失するアドバンスモードで無事、アイフォンが使えるようになりました。

 

まとめ

最後の方は、とにかく使える状態に戻ればいいと思って、半分投げやりでしたが、無事直すことが出来ました。

今回、一番の教訓はiTuneでのバックアップは定期的にしっかりとっておくことだと分かりました。

私は、スマホに関して全くの素人ですので、その点を考慮して頂き参考になれば幸いです。

NEW ENTRY

white flowers blooming

暮らしと健康

2021/2/23

一通りの大まかな葬儀の流れ

葬儀に関して、特に身内の場合は、受け入れ難い事もあり、なかなかその内容を知ろうとはしていない方が多いのが実状です。 ただ、お互いがどこかで命の終わりを迎える事は受け入れなければなりません。 葬儀の流れを知っておく事は、故人をしっかり送ってあげる事にもつながります。 今回は一通りの大まかな葬儀の流れを理解しておきましょう。   生前 ・家族と兄弟と家族葬でいいかを相談 ・葬儀社選びと事前見積もりを開始   臨終 ・死亡診断書を医師からもらう ・葬儀社に連絡して、遺体搬送 ・自宅に遺体を安 ...

ReadMore

man in black jacket holding white box

お金

2021/1/23

老後の生活費を考えた資格選びのポイント

60歳、65歳、70歳・・・ 節目を迎えても、できる限り働きたい・・・ 生涯現役でいたい・・・   人生100年時代を迎え、働き方が見直されている昨今、自分の人生設計を見直されている方が増えています。 働き続けたい理由の一つに、「長生きする事での生活費の不安」が挙げられます。 70歳を超えると大半の人は、年金と貯金を切り崩して生活していく事になります。 長く生きれば、それだけ生活費が必要になります。 今までは働く事で、ある意味なくなる心配がなかったお金が、働かなくなる事で少しずつなくなっていく不 ...

ReadMore

person sitting on chair reading book

資産管理

2021/1/12

生前贈与を知ろう

生前贈与とは、遺産相続税対策や資産の有効活用などが目的で本人が存命中に資産を子孫に贈与することです。 一般的に生きている間に不動産の名義を変更したり預貯金を渡すなどして財産の移転を行いますが、節税にはいくつかの方法があります。 金融資産であれば、年間あたり110万円以下の金額を渡す暦年贈与を行うことで税金対策を行う方法があるでしょう。 「住宅取得資金の贈与の特例」「結婚・子育て資金の一括贈与の特例」「教育資金の贈与の特例」などを上手に活用すれば、子や孫の住宅取得資金や結婚・子育て・教育費などの名目で非課税 ...

ReadMore

man and woman standing beside building and near cars

老後の仕事

2021/1/12

60歳を過ぎてからの仕事探し

60歳になった時、65歳まで働くか、それとも働けるまで働くか・・・ いずれにしても現在平均寿命が延びてきている中で、特に60歳を過ぎてから、どうやって過ごしていけば良いのかをどこかで考える必要があります。 定年後の時間が増えたことで、当然、生きていく為のお金の確保はしっかり考えなければなりません。 これまで会社員として働いていた方、特に大企業に勤めていた方は、会社に行くことで会社外の世界をそれはどは付き合う必要がなく、それなりの給与を得て不安なく暮らせてはいましたが、いざ、会社がなくなると「何をしたらいい ...

ReadMore

man massaging woman's body

健康

2021/1/8

腰痛とは一体何か?本当に簡単に説明

引用元:http://www.araki-aizac.com/lumbago/ みなさんは腰痛はありませんか? 腰痛はじわじわくる痛みやいきなりズキンとくる痛みなど様々あります。 現在若年者から高齢者まで多くの人たちが悩まされています。 では腰痛とは一体どんなものなのでしょうか。 今回は腰痛とは一体何か 腰痛の原因と対処法 についてわかりやすくご紹介します。   腰痛は大きく2つに分けられる! 引用元: https://oozora-seikotsu.com/2016/03/29/坐骨神経痛/ ...

ReadMore

-雑記

© 2021 Smart long life