バイク

2019年モデルハーレースポーツスターXL883N アイアン883

2019年モデルハーレースポーツスター883!粗削りな黒い鉄馬!

引用元:https://www.virginharley.com/models/models2019/model2019-xl883n/

その「反抗的」な見た目とは裏腹に日本では通称「パパサン」というかわいい名前で呼ばれているのが「ハーレースポーツスター883」です。

スポーツスター883は、ハーレーのモデルの中でも「軽量」で「ローシート」です。そのため大型バイク初心者や女性ライダーでも扱いやすいモデルとして大人気です。

またホンダのCB750(シービーナナハン)と並んで、大型自動二輪車の教習用バイクとしても使われています。

今回は2019年モデルハーレースポーツスターXL883N アイアン883について詳しくご紹介します。

※2019年モデルハーレースポーツスターXL883N アイアン883は以下「アイアン883」と呼ばせていただきます。

2019年モデルハーレースポーツスターXL883N アイアン883の外観 漆黒のシルエット!

引用元:https://www.harley-davidson.com/jp/ja/motorcycles/2019/sportster/iron-883.html#LlfQMYcOz60l1PPU.97

アイアン883の外観の特徴は、強く深い「黒」が使われていることです。

最近の一般的なバイクであれば「クロ―ムメッキ仕上げ」が良く使われています。

ところがアイアン883は「パウダーコーティング仕上げ」に見られるような、派手なテカリを抑えた落ち着きのある「ブラックアウト」が採用されています。

また「スポーツスターファミリー」に受け継がれている「ローシート」と「ローダウンサスペーション」はしっかりと踏襲されています。

見た目は「反抗的」なデザインですが、同時に高いユーザビリティも実現しています。

ハーレースポーツスターXL883N アイアン883の歴史

引用元:https://www.harley-davidson.com/jp/ja/motorcycles/2019/sportster/iron-883.html#LlfQMYcOz60l1PPU.97

1957年にハーレーの「スポーツスター」の初代モデルが発売されました。

また2009年冬には、現在スポーツスター883㏄クラスのスタンダードモデル初代 XL883N アイアン883が発売されます。

発売当初は「XL883N アイアン」ではなく「XL883」がスタンダードモデルとして位置づけられていました。

その後も歴代のスタンダードモデルが様々な経緯から入れ替わります。ところが2017年以降は「XL883N アイアン」がメインのスタンダードモデルとして採用されました。

ハーレースポーツスターXL883N アイアン883のセールスポイント

「XL883N アイアン」のセールスポイントの1つ目は、ハーレーのエントリーモデル(入門)には最適ということです。

扱いやすく、価格も安いので、どのモデルを選んで良いのかわからない人にはおすすめです。

2つ目が体力がないオールドライダーや女性ライダー、小柄なライダーでも乗り回せることです。

3つ目に「カスタム」に向いていることです。「XL883N アイアン」はカスタムパーツが豊富で、カスタムが目的のオーナーさまも多くいらっしゃいます。

2019年モデルハーレースポーツスターXL883N アイアン883のサイズ・スペック

〇XL883N アイアン883(2019年モデル)のサイズ・スペック

全長・シート高・最低地上高

2,185 mm・760 mm・140 mm

車体重量

256 kg

排気量

883 cc

最大トルク

68N・m/3.750rpm

燃料タンク容量

12.5L

まとめ

今回は2019年モデルハーレースポーツスターXL883N アイアン883についてご紹介しました。

「XL883N アイアン」は、ハーレーに憧れる人たちが最も手に入れやすいモデルです。

スタイルや思想はそのままで、扱いやすさを高め、価格を抑えています。

街乗りに使っても乗りやすいアメリカンバイクです。

-バイク

© 2020 Ralahop(ララホップ)