健康

物忘れの原因

聞いた話の内容を忘れたり、何をしようとしていたか思い出せないなど、何かと物忘れは起こるものです。

その原因はいくつかありますが、1つは加齢による脳神経細胞機能の低下で、これは誰にでも起こり得るタイプです。

物忘れを改善したり防ぐには、適度な運動で体を動かして脳血流を促進したり、脳を刺激する活動などの対処法が有効とされます。

例えば、定期的な運動は脳細胞を修復する上に、脳神経の成長に役立ちます。

また食生活の改善も有効な物忘れの対処法で、脳神経の老化を抑制する各種のビタミンと脂肪酸の摂取がおすすめします。

喫煙も物忘れの原因ですから、動脈硬化などの脳血管障害を引き起こすリスクを上げるタバコは、なるべく控えるのが良いでしょう。

アルコールも適量が理想的なので、いわゆる休肝日を設けて節度を守って楽しむのがベストです。

脳は自分自身の思考だけでなく、外部からの刺激を受けて機能を維持しますから、他者との会話や交流が大切です。

家族との会話に加えて、友人や地域の人達に会ってコミュニケーションを取ることがポイントとなります。

写真を撮ったり絵を描くなど、能動的な活動が脳に良いので、心地良い刺激が受けられる活動をしてみましょう。

同じような毎日の繰り返しも、マンネリ化によって脳の働きが鈍くなったり、脳神経の成長を阻害してしまいます。

その為、普段とは違う活動をして脳に刺激を与えることが、物忘れの原因の対処法に変わります。

時間に余裕がある時は、パンフレットを見てあれこれと旅行を計画したり、実際に遠出をして活動するのが効果的です。

国内旅行も良いですが、海外なら自分の足で日本と異なる街並みを見て回ったり、現地のグルメや文化に触れられます。

写真に残せば思い出が楽しめますし、写真を切っ掛けに旅行をした記憶が蘇りますから、旅行の経験と合わせて一石二鳥です。

外出が難しい場合は、パズルのようなゲームでも脳神経の強化を図ることができるので、こちらも対処法の1つに加わります。

-健康

© 2020 Ralahop(ララホップ)